サイト内検索です。
「施設名」 「住所」 「調べたい言葉」などで検索してください。
(例)台東区、留置針、非加盟

カスタム検索

ないものはない!お買い物なら楽天市場 楽天

不合格になったら





残念ながら不合格になってしまったら、思い切って
「検査データのどこが悪かったですか?」
と聞いてみましょう。

たいていは
「健康上問題は無いのですが、今回はより健康な方を優先させていただきました。云々」
とテンプレ通りに言われることもありますが、施設によっては具体的な項目を挙げて説明してくれます。
また簡単なアドバイスをしてくれるところもあります。

こうしておけば、たとえ落ちたとしても同じ施設で再チャレンジしようと思うものです。
ある程度コストをかけて被験者を募集しているのですから、せっかく興味を持ってくれたボランティアを逃すのはもったいないです。

しかしとある施設では真逆の対応です。

とある施設の対応は? 続き


posted by 広重 at 11:00 | 事前検診 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事前検診(所要時間)





事前検診は

身長・体重・血圧測定、心電図、採血、採尿
スタッフによる問診
医師による診察
医師・薬剤師による説明
スタッフによる説明
ボランティア会登録作業
同意書作成


といった内容になります。
説明が前後したり試験によって検査項目が増えたりしますが、どの施設でも上記内容はほとんど同じで「所要時間は2〜3時間」になります。

ところが

内容はほぼ同じにもかかわらず
「やたら早く終わる施設」と「やたら時間がかかる施設」
があったりします。

ここでは所要時間について

「やたら早く終わる施設」

「やたら時間がかかる施設」
についてまとめてみました。

一番最後の「やたら時間がかかる、イラつく施設」については
「実際にイラついた」
もしくは
「イラついている人を見た」
施設になります。

例によって紹介の無い施設は「普通or知らない」ということです。


イラつく施設を見る
posted by 広重 at 19:41 | 事前検診 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康な成人男性って?(血液検査)





第1相試験、同等性試験の参加条件はまず
「健康な成人男性」であること
が第一になります。

「成人男性」はいいとして「健康な」条件とはいったいなんでしょう?

事前検診では身長・体重・血圧・心電図・採血・採尿・問診などの検査があります。
「健康」とはこれらの検査で異常な所見がないということなのですが、その中で最も重要なのが採血データになります。

重要ではありますが採血自体は通常の健康診断で行われるものと内容は同じで、検査項目はおよそ30ほどになります。
(試験によって多少増える場合も)
「血液検査 基準」で検索するとそれぞれの検査項目について基準値を示したサイトがずらっとヒットすると思います。

(例)
血液検査 (略称名) 基準範囲
白血球数 WBC 男3.9〜9.7 ×10^9/L
赤血球数 RBC 男4.30〜5.67 ×10^12/L
中性脂肪 TG 30〜149 mg/dL
AST(GOT) AST 5〜37 U/L
ALT(GPT) ALT 6〜43 U/L
クレアチン
キナーゼ CK(CPK)男57〜240 U/L
など

順天堂大学医学部付属順天堂医院サイトより
http://www.juntendo.ac.jp/hospital/support/rinsyo_kensabu/patient14.html


およそ30に及ぶ検査項目がすべて基準範囲に収まっていれば、少なくとも血液検査では「健康」であると言えます。

ただ検査項目がひとつでも基準範囲を超える(下回る)とアウトかと言うとそんなことはなく(注1)、判定はあくまで「相対的」なものです。
(試験によって「絶対的基準」が決められている場合があります)

つまり検査項目のうちひとつが基準範囲を逸脱しても、ほかの受診者が2つ以上基準範囲を外れていれば血液検査では「合格」します。

逆にほかの受診者の血液データがすべて基準範囲におさまっていれば、残念ながら合格は厳しいかもしれません。

私の場合、血液検査では
白血球数(WBC)
リンパ球(Lympho)
総蛋白(TP)
が基準範囲を超えることが多いですが、合格率は80%以上になります。
血液検査を完璧にクリアーする人はそう多くないと言うことです。

検査データは教えてくれるところは少ないですが、一部施設によっては対応してくれるところもあります。
検診時に確認してみましょう。

注1
基準範囲を多少逸脱する場合です。
明らかな異常値は当然アウトです。病院へ行きましょう。

ちなみに筋トレ後に受診するとCK(CPK)が跳ね上がります。
筋肉痛の状態だと基準値の上限240を大きく超え、数万というスーパーサイヤ人並になります。
これもほかの項目がいくら良くてもアウトです。

posted by 広重 at 19:51 | 事前検診 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。