サイト内検索です。
「施設名」 「住所」 「調べたい言葉」などで検索してください。
(例)台東区、留置針、非加盟

カスタム検索

ないものはない!お買い物なら楽天市場 楽天

「倍率」について





倍率は投薬を受ける人数に対して何人が事前検診を受けたか?
で考えます。

これはどの施設でもほぼ共通しています。

検査項目が少なく検査データの基準値の条件がゆるい同等性試験は2〜3倍。
検査項目が多く基準が厳しい第1層試験は3〜5倍程度を目安に募集します。
(ほとんどは3倍程度です)

つまり、どんな試験でも倍率の上限は決まっているのです。

人気試験は倍率10倍などといわれることもありますが
事前検査の検査費用もただではありません。
一定の基準内のボランティアを集めればいいわけですから、必要以上の人数を集めるのはまったく無意味です。
(仮に特殊な遺伝子をもった被験者が必要というのであれば話は別ですが)

この手の話はライバルをあきらめさせる為のデマであることがほとんどです。
人気施設の長期試験が入るとこの手のガセ情報は必ず流れます。



posted by 広重 at 04:26 | 倍率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。